ウーマン

焦らない事が大切です

カウンセリング

意思伝達が重要です

うつ病は誰もが患う可能性のある精神疾患の1つです。早期に発見して治療を開始する事で社会復帰までの期間を短縮させる事ができます。この病気の治療は精神科での治療が一般的です。街ではメンタルクリニックの看板を見かける事がありますが、どの施設も明るく入りやすい雰囲気である場合が多く、気軽に利用する事ができます。症状について素人があれこれ判断するよりもまずは専門医に相談するのが早期回復への第一歩となります。病院での治療は薬物療法が中心となりますが、中には心理療法を受ける事になる場合もあります。うつ病治療で大切なのは決して焦らない事です。心の病を患う人の多くは生活習慣が乱れています。まずリズムのある規則正しい生活を心がける事が先決です。特に食事と睡眠の質は自律神経に大きな影響を及ぼすので、心の安定を図る為にも十分な配慮をする事が必要となります。うつ病は早期段階なら3週間から1ヶ月程度で治す事も可能です。しかし再発する可能性が高い病気なので、完治後も経過を観察していきます。職場への復帰も集中力や判断力が回復した事を医師と確認してから行動に移した方が無難です。気分の良くない日は誰にでもあるので、必ずしも病気とは限らないです。抑うつ的な症状については、約2週間が1つの目安になります。これ以上の期間気分の落ち込みや不安感が続く様なら、うつ病の可能性が高まります。更にうつ病は大うつ病性障害と双極性障害に分けられます。双極性障害については気分が高揚して明るくなる期間があるので、判断し難い症状が目立ちます。症状に応じて使用する抗うつ剤を使い分け、量も加減していきます。薬物療法では、用法をしっかり守る事が大切です。自分の判断だけで止めたり、1度に飲む量を増やしたりすると離脱症や副作用に苦しむ事になります。患者の症状を見極められるかが回復へのポイントになります。更に治療期間中の医師とのコミュ二ケーションがスムーズに行なわれれば、治療効果も高まります。そして心理療法で広く利用されているのが認知行動療法です。この病気に多い性格や気質による偏った思考パターンを柔軟な考え方に改善していきます。楽な気持ちの持ち方を会得する事ができる様になります。