ウーマン

信頼関係を築く

聴診器

正確に伝える

うつ病では身体的な症状として気分が乗らないことや、仕事に行く気にならないといったものがあります。これらの症状は脳内の神経伝達物質の分泌に異常が発生していることで起こります。そのため、症状の改善のためには脳内の神経伝達物質の分泌の正常化をするために抗うつ剤を使用することになります。薬剤を使用することによって脳内の神経伝達物質の分泌が正常な状態になると症状は改善されます。ただ、それだけで終わらないことがポイントです。なぜうつ病になってしまったかということを考える必要があります。職場の環境が原因であるか、ストレスが原因であるのかを明確にしないと、再発する可能性があります。つまり、治療においては症状を改善させるだけでなく、原因を知り、可能な限り改善することも求められます。正確に原因を知るためには医師と患者のコミュニケーションが必要です。つまり、治療する病院を選ぶときには患者とのコミュニケーションを重要視している病院を選ぶことがポイントであると言えます。うつ病の治療は脳内の神経伝達物質の分泌の正常化を行って症状を改善します。また、なぜうつ病になってしまったかをしっかりと知り、原因となった環境を改善することも大事です。そのため、まずは時間をかけてカウンセリングが行われます。カウンセリングによって、何が原因であるかを知ることができます。そのため、患者としてはいつごろからどのような症状が出始めたかということを記録しておくとより正確な診察を受けることができます。また、患者本人が振り返りたくないと思うほどつらい状態であるときには家族など周囲の人がサポートする必要があります。うつ病の治療は数か月単位という長期間に及ぶものであることから、医師と患者の信頼関係もポイントです。信頼関係を築くためにもカウンセリングでしっかりとコミュニケーションを取ることが大事です。脳内の神経伝達物質の分泌の正常化のためには抗うつ剤を使用します。患者によっては薬剤を使用することに不安を感じることもありますが、医師との信頼関係が築けていると不安を払しょくすることも可能です。