ウーマン

精神疾患を治すために

男性

心の病と向き合うこと

うつはれっきとした病の1つであるため、発症した際には適切な治療を受けることが大切になります。精神疾患に関するクリニックは全国各地に存在しますが、その中で自分に合ったところを見つける必要があります。クリニックを選ぶ際のポイントの1つは治療の選択権がどうなっているかということです。精神的な病を治療する方法は投薬以外にもいくつか存在します。患者さんの症状や希望に合わせて適切に治療方法を選択することが好ましいと言えますが、クリニックの中には一律で投薬を始めるところもあります。確かに抗うつ剤はうつの治療において非常に有効な方法です。しかし、投薬には副作用も存在し、その症状や状況などによっては薬以外の方法が選ばれる必要もあります。そのため、方法を幅広く用意し、それぞれを判断する能力が重要となります。精神的な症状は内科や外科とは異なり目に見えないものです。それゆえに慎重な問診や表情などによる洞察力が必要となります。丁寧に症状を見極めてくれるクリニックがおすすめです。日本では古くから精神科病院が存在しています。しかし、かつては精神障害に対する一般の理解が進んでおらず、訪れにくい誤ったイメージが付いてしまっていたこともあります。近年ではメンタルクリニックや心療クリニックなどといった病院名にすることで以前よりも身近な存在となりました。また、社会的に見ても精神疾患への理解は進みつつあります。精神疾患を扱うクリニックではうつを診断すること、治療することが大きな目的となっています。うつにまでは至っていなくても不眠や不安といった症状を治療する仕組みが整えられているのが特徴です。クリニックでは抗うつ剤を処方することが出来、それがクリニックを利用する1つの目的となっているのは事実ですが、それだけではありません。薬を用いない治療法も沢山あります。むしろ薬を使用しない治療法の方にクリニックごとの大きな違いが出ます。抗うつ剤には一定の効果がありますが、その分副作用もあるので注意深く処方されることが非常に重要です。診断の精度もクリニックによって異なります。